マツエクにおすすめのクレンジング方法

マツエク長持ち!マツエクOKのおすすめクレンジング方法


マツエクが長持ちするクレンジング方法は?

毎日マスカラを塗らなくても済む、すっぴんでも目元がぱっちりする、といったメリットがあることで大人気のマツエク。

ただし、メイクを落とす際のクレンジングに注意しないと、せっかく施術してもすぐに取れてしまうなんてことに。

そこで、マツエクが長持ちするクレンジング方法についてまとめてみました。

マツエク時におすすめのクレンジング剤

マツエクをしている時に使用すべきクレンジング剤は、「水溶性」かつ「オイルフリー」のタイプが最良です。

その理由は、マツエクはグルーと呼ばれる専用の接着剤を使って、本来のまつ毛に対して一本ずつ装着していく方法を取っていて、非常に繊細でデリケートなものだからです。

そのため、クレンジング成分の主体になっているのがオイルであったり、力を込めてこすり落としたりすると、接着面が劣化して、施術後間もない段階でも外れやすくなってしまいます。

例えば、クリームタイプやオイルタイプのクレンジングは、総じて油分がメインになっていたり、混合タイプであってもローションと共に少なからず油が入り混じっているので、マツエクをつけている時は向いていません。

そうした点から、リキッドタイプなどの水溶性のもので、一切油分が入っていないオイルフリーのクレンジング剤が最適になります。

おすすめクレンジング剤
  • リキッドタイプのオイルフリークレンジング

ちなみに、オイルフリーの中には手で触れた時の感覚を高めるために、シリコンオイルが少し追加されている場合があります。

シリコンオイルは一般的なオイルとは成分が若干違い、分子の構造も大きい事から皮膚に浸透しないので、マツエクは剥がれにくいですが、できれば毎日は使わないほうが安全です。

ただ、誤って使用してしまったり、濃いめのメイクをしなければならない時など、たまに使うのなら特に問題はありません。

マツエク時の正しいクレンジング方法

クレンジング剤の次は、正しいクレンジング方法についてです。

マツエクは、強くこすったりするとはがれやすくなってしまうので、クレンジングは慎重に行いましょう。

方法としては、顔全体のメイクを一気に落とすのではなく、アイメイクのみ別にクレンジングを行います。

そして、実際にアイメイクを落とす際は、「毛の流れに逆らわない」ように注意します。

使用するクレンジング剤も、出し惜しみせずにたっぷりと使用するのがポイント。

コットンに関しても1枚だけを手に取るのではなく、5枚から6枚ほどを重ねてクッション性を高めるようにしましょう。

持ち方については、指で摘むのではなく人差し指と中指で挟み、まぶたからまつ毛に向かいゆっくりと優しい力で拭き取っていきます。

コットンを往復させてしまったり、横方向にスライドさせたりしないように注意してください。

正しいクレンジング方法
  • アイメイクのみ別にクレンジング
  • 毛の流れに逆らわないようにする
  • クレンジング剤やコットンはたっぷり使う
  • コットンを往復させたり、横方向にスライドさせたりしない

クレンジングクリームおすすめ5選をチェックしたい人は、トップページから確認することができるよ。
保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルトップページへ