肌のくすみの原因とケア方法

肌のくすみの原因はこれ!ケアの効果をあげるカギと3つの方法


肌のくすみの原因とケア方法をチェックしよう

女性の肌の悩みは様々ですが、年々気になることといえば「くすみ」ではないでしょうか?

若いころは色白だったのに、最近は色が黒くなってきたと感じていませんか?もしかしたら、それは肌がくすんでいるせいかもしれません。

ということで、今回は肌のくすみの原因と、ケア方法についてまとめてみました。

肌のくすみの原因は?

まずは肌のくすみの原因を知りましょう。

くすみの原因となるのは、大きく分けて「刺激」と「乾燥」といわれています。

○肌への刺激

肌は毎日刺激を受けています。降り注ぐ紫外線や、風やホコリの他に、かゆい時に掻いたり、洋服とこすれたりする摩擦も刺激になります。

こうした刺激から肌を守ろうとすると、皮膚は角質を厚くしていきます。

角質は一枚一枚は薄いのですが、積み重なると透明感がなくなってしまうので、くすみの原因になってしまうのです。

○肌の乾燥

肌が乾燥すると細胞の水分が失われるので、肌の表面が小さく縮んでしまいます。するとキメが乱れ、ざらざらした状態になります。

このざらざらしている肌に光が当たると、光が乱反射してしまうので、肌がくすんで見えてしまいます。

潤いがある肌はピーンと張っているため、透明感があるんですね。

また、乾燥した肌には古い角質が残ってしまいます。本来は新しい肌ができると、垢となってはがれ落ちる角質ですが、乾燥によりこの循環が乱れるので積み重なってしまうのです。

これが乾燥によるくすみの原因です。

肌への刺激と乾燥、この二つが大きな原因ですが、よく見てみると、共通の原因があることがわかりますね。

それは古い「角質」です。

本来はお肌のターンオーバーと共になくなっていく古い角質が、肌への刺激と乾燥によって積み重なってしまいます。

このことが肌の透明感をなくし、くすみを生んでしまうという訳です。

肌のくすみ【3つのケア】

では、この年々気になる肌のくすみをケアするにはどうすればいいのでしょうか?

先ほどの原因から考えると、肌に残った古い角質を取り除くことが鍵になるというのがわかりますよね。

そこでおすすめの方法を3つご紹介します。

1、角質を柔らかくするパック

角質が積み重なると、厚みを増して硬くなってしまっているので、まずは柔らかい状態に戻してあげることが大切です。

タオルを用意して、40度くらいのお湯で濡らし、そのまま顔にのせて1〜2分蒸らしましょう。

お風呂に入った時に、湯船で温まりながら行うと手軽です。

時間に余裕のある時には、朝のメイク前にも行うと効果的なのでオススメです。

2、角質を取り除く拭き取り化粧水

積み重なった角質を効果的に取り除くには、拭き取り化粧水が手軽です。

面にある角質を優しく取り除くことができるものです。

通常の化粧水では保湿の効果しかありませんが、拭き取り化粧水なら角質取りと保湿を同時に行うことができます。

使い方としては、コットンにたっぷりと拭き取り化粧水を浸し、なでるように肌に滑らせます。

コットンを強く押し付けたりこすったりすると、刺激が強すぎるので避けましょう。

拭き取り化粧水は洗顔後の素顔に使用し、美容液やクリームで肌を整えた後にメイクをすることがおすすめです。

3、角質を循環するための保湿

肌のターンオーバーが乱れないためには、保湿が最も大切です。

新しい細胞と古い細胞を循環させて、ターンオーバーを乱さないためにもしっかり保湿を行いましょう。

洗顔後には当然保湿をしますが、日中も常に乾燥しないように気をつけます。自分のデスクがある方は専用の加湿器を置くのがおすすめですね。

また、持ち歩けるタイプの化粧水を用意して、メイク直しの際には化粧水から付け直しましょう。

化粧水や美容液には保湿力が高い「セラミド」を配合している物を選ぶのがポイントです。

セラミドは肌細胞の隙間を循環しており、水分を保つ働きを担っています。

セラミドは年齢によって、また肌のトラブルによって失われてしまうので、化粧水や美容液で積極的に補うのがおすすめです。

肌のくすみについて【まとめ】

今回は肌のくすみの原因とケア方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

年齢と共に気になってはいても、効果的にケアすることは難しいくすみ。

でも原因を知れば、対策も立てやすいと思います。

毎日角質をため込まないように、少しずつでもいいので効果的にケアしていきましょう。

美肌&毛穴ケアもできちゃうクレンジングクリームのおすすめ5選をチェックしたい人は、トップページへどうぞ!

美肌&毛穴ケアもできちゃうクレンジングクリームのおすすめ5選トップページへ