クレンジングミルクの特徴と使い方

クレンジングミルクの特徴と使い方について


ミルクタイプのクレンジングの特徴は?使い方は?

クレンジングには様々なタイプがありますが、今回はミルクタイプのクレンジングについて、その特徴や使い方をみていきましょう。

クレンジングミルクの特徴

クレンジングミルクというのは、水分と油分を界面活性剤で乳化させたものです。

クリームタイプよりも水分が多めなので、やわらかくてなめらかなテクスチャーが特徴ですね。

クレンジングミルクのメリット

クレンジングミルクのメリットは、そのやわらかくてなめらかなテクスチャーになります。

肌に使った時の滑りがなめらかなので、肌への摩擦が少なく刺激を和らげることができるため、クリームタイプの次に肌に優しいクレンジング剤になります。

肌荒れや乾燥が気になっていている人でも比較的安心して使うことができるのがメリットですね。

さらに、クレンジング後も肌がしっとりするのもクレンジングミルクのメリットです。

洗顔直後で全く皮脂が無い状態なのに、指で触れた際に吸い付きを覚える事ができるのはクレンジングミルクならではの特徴です。

また、自然由来な成分を配合したオーガニック製品も出てきていて、ますます優しい使い心地になっている商品も数多くあります。

メリット
  • やわらかくてなめらかなテクスチャー
  • クリームタイプの次に肌に優しい
  • クレンジング後も肌がしっとりする
  • 肌への刺激が少ないオーガニック製品も多い
クレンジングミルクのデメリット

クレンジングミルクのデメリットは、水分が多くてメイクになじみにくい性質があるため、他のクレンジング剤に比べて洗浄力が弱いという点です。

ナチュラルメイクなら十分落とすことができますが、濃いメイクやポイントメイクはクレンジングミルクのみだと落としにくいので注意が必要です。

アイメイクなどのポイントメイクは、リムーバーを使うことが必須になりますね。

さらに、ミルクなので一番肌に優しいと思いがちですが、ミルクといっても水分と油分を界面活性剤で乳化させたものになります。

クリームタイプよりも水分が多い分、界面活性剤もクリームタイプより多く配合されているので、一番肌に優しい訳ではないということを認証

デメリット
  • 他のクレンジング剤に比べて洗浄力が弱い
  • 濃いメイクやポイントメイクの洗浄には不向き

クレンジングミルクの使い方

基本的にナチュラルメイクをしている場合に使用しましょう。

目元にウォータープルーフの仕様になっているアイライナーやマスカラを使っている場合は、前もってポイントメイクリムーバーで落とした上でクレンジングミルクを使います。

ポイントメイクを落としたら、クレンジングミルクを手に取ります。季節に限らず、顔になじませる前に、一度手の平の上でミルクをあたためるようにします。

というのも、油分よりも水分の量の方が多いため、あたためずにそのまま使用すると本来の効能を発揮することができないからです。

ミルクを手であたためたら顔になじませます。強くこすらないように注意して、メイクを浮かせるようにクレンジングするのがポイントです。

クレンジングミルクのまとめ

クレンジングミルクは比較的肌に優しいクレンジング剤ですが、洗浄力が弱いので、ナチュラルメイク派の人におすすめなクレンジング剤になります。

乾燥肌の人や敏感肌の人でも安心して使えるメリットがありますが、クレンジングクリームの方が肌に優しく洗浄力も高いので、わざわざクレンジングミルクを選ぶ必要はないのでは?とも思います。

ただ、クリームのベタッとした洗い上がりの感触が苦手な人は、クレンジングミルクはおすすめですね。

クレンジングクリームおすすめ5選をチェックしたい人は、トップページから確認することができるよ。
保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルトップページへ