クレンジングオイルの特徴と使い方

クレンジングオイルの特徴と使い方について


オイルタイプのクレンジングの特徴は?使い方は?

クレンジングには様々なタイプがありますが、今回はオイルタイプのクレンジングについて、その特徴や使い方をみていきましょう。

クレンジングオイルの特徴

まず、クレンジングオイルの成分についてですが、成分の多くは名前の通り「油分(オイル)」となります。

オイルはメイクになじみやすいので、メイクの汚れを落とす力は強く、スッキリと落とすことができるのが特徴です。

クレンジングオイルのメリット

最近では、アイメイクを中心にメイクをするという若い人も多いですが、そういった濃いアイメイクもしっかりと落とすことができるのが大きなメリットですね。

加えて、クレンジングオイルは短時間で手早くしっかりと汚れを落とすことができるため、肌の摩擦によるダメージを軽減させることも可能です。

さらに、メイクをしっかりと落とすことができるというメリットだけではなく、酸化してしまった皮脂の汚れや、皮膚に付着した空気中の汚れまで落とすことができるというメリットもあります。

特に顔のTゾーンは皮脂の分泌される量が多く、クレンジングオイルを使用することで余分な皮脂も落としてくれる効果もあります。

その他、クレンジングオイルの種類として、お風呂で使用できるものや、W洗顔をせずに済むタイプのものもあり、自分の使いやすいものを購入できるのも魅力ですね。

メリット
  • 濃いアイメイクもしっかり落とせる
  • 短時間で手早く汚れを落とせる
  • 余分な皮脂もしっかり落とせる
  • お風呂で使用できたり、W洗顔不要のものもある
クレンジングオイルのデメリット

このようにクレンジングオイルには様々なメリットがありますが、逆にデメリットも多くあるので、実際に使用する場合は注意が必要です。

デメリットの一つとして、洗浄力が非常に強いため、顔の皮脂を必要以上に落としてしまって乾燥肌になってしまうリスクがあるということです。

そのため、乾燥肌や敏感肌の人は使用を控えたほうが良いでしょう。

デメリットの二つめは「合成界面活性剤」が多く含まれているという点です。

合成界面活性剤は刺激が強いので、肌に合わない人の場合、肌トラブルを引き起こしてしまうケースがあります。

肌が弱い人や敏感肌の人はやはり要注意になります。

デメリットの三つめは、肌への摩擦が大きいという点です。

クレンジングオイルは、さらっとしたテクスチャーのものが多いので、クレンジングの際に肌を強くこすってしまいがちです。

そのため、使用する際は優しくなじませることがポイントになります。

デメリット
  • 顔の皮脂が必要以上に落ちることで乾燥肌になりやすい
  • 肌への刺激が強い合成界面活性剤が多い
  • 肌を強くこすりがちなので肌への摩擦が大きくなる

クレンジングオイルの使い方

クレンジングオイルの使い方としては、オイルを使用する前に、手を洗って手の汚れを落としてから使用するようにします。

洗浄力が強いため、あまり時間をかけないというのもポイントですね。

肌のダメージを抑えたいという場合は、クレンジングオイルの前に、他のメイク落としである程度落としておくという方法もあります。

また、強く肌をこすってメイクを落としてしまうと肌へのダメージとなるため、「こすらずに浮かせて落とす」ということも忘れないようにしましょう。

クレンジングオイルのまとめ

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が非常に高いため、濃いメイクでも手軽に落とせるのが魅力ですが、肌への負担はその分どうしても強くなってしまいます。

なので、乾燥肌、敏感肌の人や、ある程度年齢を重ねている人には向いていません。

若い人や特に肌トラブルがない人でも、毎日の使用はできるだけ避けて、濃いメイクの時のみ使うといったように、使い分けすることをおすすめします。

クレンジングクリームおすすめ5選をチェックしたい人は、トップページから確認することができるよ。
保湿たっぷりでしっかりスキンケアができる、40代におすすめのオールインワンジェルトップページへ