シワ・たるみの原因と対策

誰もが気になるシワとたるみ!その原因を知って対策を立てよう!


シワ、たるみの原因を知って今スグ改善しよう

肌の悩みで多いもののひとつ「シワ」と「たるみ」。

シワやたるみは、老けて見えてしまう大きな要因となるので、気にかけている方はとても多いのではないでしょうか。

もしも、シワ、たるみを防ぎたいなら、原因を知って対策を立てることが大切です。

そこで今回は、シワ、たるみの原因と対策方法についてまとめました。

シワ、たるみの原因

原因の一つとしては、「加齢」があります。

年齢を重ねていくと、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減少したり変性したりしてしまいます。

そうすると、肌は弾力を失って硬くなってしまい、シワが元に戻らなくなったり、表皮を支えることができなくなって、たるみが生じたりといった状態になってしまうのです。

その他、老化に伴って肌の保湿力が失われることでも、シワ、たるみを発症しやすくなります。

シワ、たるみを改善するには?

では、このシワやたるみを改善するにはどうしたらいいのでしょうか。

日常生活においての具体的な対策をみていきましょう。

●コラーゲンの生成を促すスキンケアを行う

改善方法としては、シワやたるみの原因となる「コラーゲン」の減少や変性を防ぐことが重要になります。

じゃあ、コラーゲンを摂取すればいいんだと考えてしまいがちですが、残念ながら、コラーゲン配合の化粧品を使ったり、コラーゲンを食事やサプリメントで摂取したりしてもあまり効果はありません。

というのも、コラーゲンというのは表皮の下の真皮にあるものなので、化粧品を肌に塗ってもそこまで浸透しないからです。

また、食事やサプリメントでコラーゲンを取っても、胃腸の中でアミノ酸に分解されてしまうので、皮膚にコラーゲンがそのまま浸透することはありません。

なので、コラーゲンを摂取するのではなくて、コラーゲンの生成を促すスキンケアを行うのが効果的になります。

●ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う

コラーゲンの生成を促すスキンケアで有効なのが、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使うことです。

ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCを肌に吸収しやすいようにしたもので、「リン酸型ビタミンC」、「リン酸パルミチン酸型ビタミンC(APPS)」といった種類があるんですが、体内でのコラーゲン合成には必要な成分になるんですね。

なので、このビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液を使うととても効果的です。

●レチノール配合の化粧品を使う

その他、レチノール配合の化粧品を使うのも効果的です。

レチノールというのは、ビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促してコラーゲンを増やす働きがある成分になります。

目元の小ジワには特に効果的なので、気になる人はぜひ使ってみるのをオススメします。

●ピーリングを行う

さらに、ピーリングを行うのも効果的です。

ピーリングというのは、ピーリング剤を肌に塗ることで古くなった角質をはがして、表皮のターンオーバーを高めるケアになります。

表皮のターンオーバーが正常化することによって、真皮のコラーゲンが増える効果があるのでオススメです。

ピーリングは、メラニンの排泄を促す働きがあるのでシミ対策にも効果があり、さらに、角質を取ることで、毛穴が詰まりにくくなるので、ニキビ予防にもなります。

●保湿ケアを行う

その他、肌の潤いを逃さないように配慮することも重要です。

洗顔や入浴の後は、セラミドなどの保湿力の高い化粧水や美容液を肌に塗って、表皮が乾燥しないようにしましょう。

さらに、室内の環境にも気を配りましょう。

湿度が低いと、肌が乾燥してシワ、たるみの原因となります。加湿器を設置したり、洗濯物を室内に干したりして、部屋の湿度を上げるように工夫することもとても大事です。

ほかに、水分不足も肌の乾燥の原因になりますので、こまめに白湯や温かいお茶を飲んで水分を補いましょう。

●紫外線対策を行う

また、紫外線が肌にあたることも、シワ、たるみの原因となりますので要注意。

外出する時には、さまざまなアイテムを活用して、紫外線を浴びないようにします。

日傘や帽子は紫外線対策として有効なアイテムです。UV効果が高い製品を選ぶことがコツなので、購入する前に必ずチェックしましょう。

紫外線は視覚にも影響を与えますので、サングラスを利用するのもオススメです。

尚、日焼け止めクリームも紫外線を防ぐ役割を果たしますが、事前にサンプルで試しておく必要があります。

肌に合わない日焼け止めクリームを使っていると、肌荒れや湿疹を発症したり、シワ、たるみの原因になってしまうからです。

サンプルを入手したら、手首や腕に塗って試してみることがポイントです。

万が一、痛みや痒みを発症した場合には、ただちに使用を中止しましょう。

クリームタイプのクレンジングがオススメ

シワやたるみの原因のひとつである「肌の乾燥」を防ぐには、肌を乾燥させないクレンジングをすることも非常に重要です。

刺激が少なく肌に優しいクリームタイプのクレンジングがオススメですね。

おすすめクレンジングクリームのランキングはこちらから